« ポスペV3 | トップページ | おひるね »

2005年5月 7日 (土曜日)

特急北近畿3号の運転士さん

大事故後出るわ出るわJR西日本職員の冷血ぶり。

乗り合わせた運転士の脱線現場の離脱。信じられない!
近くの人は仕事ほったからして負傷者の救助してたのに、
乗った人でも、少し怪我した人だって。救助に加わってた
と思う。自分だってそうする。

そしてニュースを知りながらのボウリングと飲み会。
何考えてんだか!アホとしかいえない!

でも、そんななかで二重事故を防いだ、特急北近畿3号の
運転士さんは立派だ。列車無線で緊急信号も発信した。

事故車両に乗っていた車掌はそんなことしなかったみたい。

あの状態で電車が突っ込んでいたら、、、と思うとゾッとする。

数分の遅れも許されないような会社の方針だったみたいだけど、

緊急停止。すばらしい判断だったと思う。

|

« ポスペV3 | トップページ | おひるね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89557/4016992

この記事へのトラックバック一覧です: 特急北近畿3号の運転士さん:

« ポスペV3 | トップページ | おひるね »